.

自動車の「全損」とは名称の通り車の全機能が壊れてしまったこと結論として走れないというような自動車としての役を満たせなくなった状況で使われますが乗用車の保険での『全損』はちょっと違う意味合いが込められていたりします。

保険の場合では自動車が壊れた時に「全損と分損」などと2つに分類され『分損』は修復費が保険金でおさまる場合を言い、逆に『全損』とは修復のお金が保険金より高いことを言います。

普通の場合、修復で(全損)と言われると車の最重要のエンジンに重大な損害を受けたり、フレームが歪んでいたりして直すのが不可能な場合、再利用か廃車と決められるのが当たり前です。

事故でお店や保険屋さんがその修復費を見積もりした時にどんだけ外観がきちんとしていて修理ができる時でも修理のお金が保険金よりも高くては何のために自動車保険に入っているのか分からないです。

そういった状況では『全損』として車の権利を車の保険の会社に譲って保険額を支払ってもらう仕組みなっています。

当たり前ですがかなりの時間所持した車で未練があり自分のポケットマネーで修復をしてでも運転したいというドライバーはけっこう存在するので事態に応じて保険会社と相談するといいかもしれません。

そして、 保険の中にはそういった場面のために特約など(全損)のために特約がある状態が多く不幸にも自分の車が【全損】なった時でも車を買い換えるなど費用をある程度負担してくれる場合も存在したりします。

そして盗まれた際の保険額の特約をつけている場合、盗まれてしまった車が発見できない場面でも全損と扱われ、補償金が支払われることになっているようです。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.dr-search.info All Rights Reserved.