.

普通の初心者用のFXのテキストでは、「マイナスになったケースではナンピンを入れることによって、ポジション全体のコストを抑える」などとアドバイスしていますが実際はナンピン買いには相当のリスクが待ち受けています。

最初に、ナンピン買いの手法について易しく説明しておきます。

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。

ドル買いですからドル高になればなるほど利益が出るわけですが、思っていたのとは逆に1ドル=95円までドル安方向に触れたとします。

この場合ポジションを保持し続けたら、利益がでるためには損失分ドル高が進まなければならない。

損は出来るだけ早く取り戻したい思うでしょう。

そのためはじめに売買したのと同額のドルを、95円でエントリーします。

それで、ポジションの平均の価格は1ドル=97.50銭まで低くすることができる。

言い換えると、2.50円の幅でドル高が進むと、損を失くすことが出来ます。

それが、ナンピンの方法です。

こういうふうに、ナンピンの仕組みを理解すると「もっともだ」という気分になるが市場はそう容易には上手くはいきません。

元々、95円より下がらないとは誰も分かるはずがありません。

もしも、外国為替市場がかなりの円高トレンドだとしたら、1ドル=95円では下げ止まらずに一段のドル安に向う可能性はあります。

一例として、97.50円でナンピンをしたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安になったとしたらナンピンをしたポジションも、為替差損が生まれます。

これでは、初めに注文したドルと全部で更なる損を被ります。

この通り、ナンピンはややこしいです。

では、為替が自らの脚本とは逆の方向に向う場合どのような手法で危険性を避ければいいのでしょうか。

そういう時には取るべき手段は2つ。

ひとつは観念して損失を確定する事です。

もうひとつの選択肢としては、その段階で、自分か所有している買いポジションを縮小することで改めて市場が戻るのを黙って待つことだ。

少し大人しい術だとみる方もいるkもしれません。

しかし、所有しているポジションに差損が生じた場合、最も効果のある方法はそれ以外には考えられない。

確かに、ロジックのうえではナンピンをする術もあるように思える。

だがしかしナンピン買いは自分か損失を出している場面で買いポジションを減少させるどころか逆にポジションを重ねていく考え方です。

この考え方では、危機を避けることなど、どう考えてもできないと考えたほうがいいです。

ナンピン買いをしていけばいつの日にか損失が回復するかもしれません。

けれども、そうなる先にお金は不足してしまいます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.dr-search.info All Rights Reserved.